会則

香川県網膜色素変性症協会 会則

第1章 総則

(名称)

第1条 この会は、香川県網膜色素変性症協会(略称JRPS香川、以下「本会」という)

と称する。

 (所在地)

第2条 本会の事務局は、会長宅若しくは事務局長宅に置く。

(目的)

第3条 本会は、公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(以下「本部」という)が目指す

目的を達成するために、香川県内における正しい知識の普及、組織の拡充、

ならびに患者の自立の促進に寄与することを目的とする。

(活動)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行うものとする。

(1) 本部事業への協力

(2) 地域の患者、行政、医療機関ならびに福祉、ボランティア団体等への啓発、

 会員拡大及び連携強化

(3) 交流会などの開催による、会員相互の情報交換

(4) 患者の社会参加の支援

(5) 本部および他県網膜色素変性協会との交流、情報交換

(6) その他、目的達成のため必要と思われる活動

(構成)

第5条 本会の会員は、原則として香川県内在住者であって、本部の正会員である者とする。

2 前項の会員は、患者会員、医療従事者会員および支援会員の三者をもって構成する

ように努める。

(会員の定義)

第6条 前条に定める会員の定義は、次のとおりとする。

(1) 患者会員とは、網膜色素変性症およびその類縁疾患の患者およびその家族をいう。

(2) 医療従事者会員とは、網膜色素変性症およびその類縁疾患の研究・治療に従事する医師、リハビリテーションの研究・指導者、補助機器の開発・製作・取扱い者をいう。

(3) 支援会員とは、本部の活動に賛同し、金銭・物資の支援およびボランティア活動を行う個人または団体をいう。

第2章 総会

(定期総会)

第7条 会長は、毎年総会を開催し、次の事項について議決を得なければならない。

(1) 前年度活動報告

(2) 前年度決算報告

(3) 役員選任(隔年)

(4) 次年度活動計画

(5) 次年度予算計画

(議決)

第8条 総会における議決は、出席者の過半数によるものとする。

(臨時総会)

第9条 会長は、次の場合は臨時総会を開催しなければならない。

(1) 役員会が、必要と認めた場合

(2) 会員の3分の2以上から、請求があった場合

(通知)

第10条 総会の開催は、開催日の20日前までに文書または電子メール、ファックス等に

より、会員に通知しなければならない。

第3章 役員

(役員および役員会)

第11条 本会に、次の役員を置くものとする。

(1)会長   1名

(2)副会長  2名以内

(3)事務局長 1名 

(4)会計   1名

(5)幹事   若干名

(6)監査   2名 

2 役員会は前項に掲げる(1)から(5)の役員で構成する。

(役員の選任)

第12条 本会の役員は、定期総会で会員の中から選出する。

(任務)

第13条 役員の任務は、次のとおりとする。

(1)会長は、本会を統括する。

(2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある場合はこれを代行する。

(3)事務局長は、本会の事務を統括する。

(4)会計は、本会の金銭の出納等の会計事務を行う。

(5)幹事は、会長に協力し、業務を円滑に執行する。

(6)監査は、本会の目的に応じた活動、財政の収支が図られるように監察を行う。

(都道府県代表者会議)

第14条 会長は、本部理事長が開催する都道府県代表者会議に出席するものとする。

2 会長が出席できない場合は、他の役員が代理で出席することができる。

(役員の補充)

第15条 年度途中において役員の補充の必要があると認められる事情が生じた場合、役員会

の承認を得て補充することができる。

(任期)

第16条 役員の任期は2年とし、定期総会から2年目の定期総会までとする。ただし、再任は妨げない。

(役員の解任)

第17条 役員が、次の事項に該当すると認められるに至った場合は、総会の議決により解任することができる。

(1) 心身が、職務の執行に耐えられないと認められる場合

(2) 役員として、ふさわしくない行為があると認められる場合

(3)役員が不慮の事由により、役員任務ができなくなった場合

第4章 代議員

(代議員)

第18条 本会に本部が開催する総会へ出席する社員たる代議員を置くものとする。

2 代議員の人数は本部定款に基づく。

(代議員の選任)

第19条 本会の代議員は本会総会で議決した方法により選出する。

2 方法とは本会総会での選出、もしくは役員会での選出を指す。

3 代議員は本会役員が兼務できるものとする。

(任務)

第20条 代議員の任務は、次のとおりとする。

(1) 本部が開催する社員総会(代議員会)へ出席する。

(2) 本部が開催する臨時代議員会へ出席する。

(3) 代議員会の結果を本会会員に伝達し議決事項の浸透を図る。

(代議員の登録)

第21条 選任された代議員の名簿を会長は毎年度末3月31日までに本部へ登録する。

2 年度末前に選任、登録した代議員が変更となる場合は速やかに本部への登録変更を

行う。

3 年度末を過ぎて登録した代議員が不慮の事由により代議員会への出席ができなく

なった場合は、本部定款により、予め通知された事項について書面をもって表決する

ことができ、これをもって代議員会に出席したものとみなす。

(任期)

第22条 代議員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。

第23条 代議員が、次の事項に該当すると認められるに至った場合は、本会総会で議決した

方法により解任することができる。

2 方法とは本会総会での解任、もしくは役員会での解任を指す。

(1) 心身が、職務の執行に耐えられないと認められる場合

(2) 代議員として、ふさわしくない行為があると認められる場合

第5章 会計

(会計年度)

第24条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(会費等)

第25条 本会は、会費を徴収しない。

2 ただし、本会活動において必要と認められる場合は、参加者から参加費を徴収する

ことができる。

3 参加費は、役員会でその都度協議のうえ決定するものとする。

(寄付金)

第26条 

本会に寄せられた寄付金は、充実した本会運営のために活動資金として活用する。

又役員会での承認をもって本部へ寄付することもできる。

(会計)

第27条 

本会の運営費は、原則として本部から交付される予算並びに参加費で補うものとする。

(会計報告)

第28条 会計報告は毎年1回会計監査を経て会員に報告しなければならない。 

第6章 報酬       

(報酬)

第29条 役員は、無報酬とする。

(交通費等の必要経費)

第30条 役員に対して交通費等の必要経費を支給することができるものとする。

2 交通費等の必要経費の算定方法や支給方法については別に定める。

第7章 雑則

(改廃)

第31条 この規則を改正または廃止しようとする場合は、総会の議決および本部理事長の

承認を得なければならない。

(会則外細則)

第32条 この会則にない条項については、その都度役員会で協議し、総会を経て制定する。

附則

1.この規則は、本部理事会の承認を経て、平成27年4月12日から適用する。

2.初年度の会計年度は、この規則の規程にかかわらず、平成27年4月12日から

平成28 年3月31日までとする。

制定:平成27年4月12日 初版

改訂:平成28年4月17日 本部組織改変による名称変更及び一部改訂

都道府県網膜色素変性症協会 運営規程

(設置)

第1条 

公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(以下「本協会」という。)は、次の各号に該当する団体を都道府県網膜色素変性症協会(以下「都道府県協会」という。)と認定し、連携して事業を実施する。

  (1) 本協会の正会員で構成し、その正会員が居住する都道府県において組織されること。

(2) 公益団体としての責務を果たす本協会の定款第3条に記載された目的を達成するために、第4条に記載された事業を行う協会であること。

  (3)「網膜色素変性症協会」を名乗ること。

  (4) 別称に「JRPS」を使用すること。

  (5) 次条から第4条に規定する事項を会則に定めること。

(権能)

第2条 

1 都道府県協会は当該地域内において、本協会が目的とする事業の推進・執行を担当する。

2 都道府県協会は、本協会に関する会務の運営を行う。

3 会則の変更、会長の交代等の重要事項の変更については、本協会理事長の承認等を要する。

4 会費の納入に関する業務および会員管理に関する業務は、本協会が一括して行い、都道府県協会の会費は徴収しないものとする。

5 都道府県協会が「網膜色素変性症協会」および「JRPS」の呼称の使用並びにロゴマークを使用する場合には、本協会の許可を受けることとする。

(都道府県等代表者会議)

第3条 

1 本協会は都道府県協会並びに部会との連携を密にし、本協会の会務を円滑に遂行するため、理事長は都道府県等代表者会議を開くことができる。

2 都道府県等代表者会議は、各都道府県協会等の代表者をもって構成する。

3 都道府県等代表者会議は、本協会の課題を検討し、必要に応じて理事会に対し参考意見を提出することができる。

4 本協会の理事及び監事は、都道府県等代表者会議に出席して、意見を述べることができる。

(都道府県協会の事業及び会計報告)

第4条 

都道府県協会は年度毎に本協会に、事業報告および決算報告並びに事業計画および予算計画を提出するものとする。

(都道府県協会会則)

第5条

1 都道府県協会は、都道府県網膜色素変性症協会会則を作成しなければならない。

2 都道府県協会は、前項の会則をもって、その活動運営を図るものとする。

(運営費および事業費等)

第6条

1 本協会から支給される運営費は、会員数100人までは50,000円、100人を超える毎に

10,000円を加えた額とする。

2 本協会から支給されるQOL対策事業費は、都道府県協会から提出された事業計画書に基づき、20,000円を限度に支給する。

3 本協会から支給される広域活動事業費は、広域にわたる非会員への啓発事業または遠隔地における会員を対象とした事業について、都道府県協会から提出された事業計画書に基づき、30,000円を限度に支給する。

4 QOL対策事業費および広域活動事業費についての支給は、実施日、実施場所、参加者見込み数、予算書を添えて、メールまたはFAXで、本協会に申請するものとする。

5 前項の申請について、地域担当理事および理事長が審査承認するものとする。

附則

 この規程は、平成28年4月17日から施行する。

まだ記事がありません。