会則

~香川県網膜色素変性症協会 会則~

第1章 総則

(名称)

第1条 この会は、香川県網膜色素変性症協会(略称JRPS香川、以下「本会」という)

と称する。

 (所在地)

第2条 本会の事務局は、会長宅若しくは事務局長宅に置く。

(目的)

第3条 本会は、公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(以下「本部」という)が目指す

目的を達成するために、香川県内における正しい知識の普及、組織の拡充、

ならびに患者の自立の促進に寄与することを目的とする。

(活動)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行うものとする。

(1) 本部事業への協力

(2) 地域の患者、行政、医療機関ならびに福祉、ボランティア団体等への啓発、

 会員拡大及び連携強化

(3) 交流会などの開催による、会員相互の情報交換

(4) 患者の社会参加の支援

(5) 本部および他県網膜色素変性協会との交流、情報交換

(6) その他、目的達成のため必要と思われる活動

(構成)

第5条 本会の会員は、原則として香川県内在住者であって、本部の正会員である者とする。

2 前項の会員は、患者会員、医療従事者会員および支援会員の三者をもって構成する

ように努める。

(会員の定義)

第6条 前条に定める会員の定義は、次のとおりとする。

(1) 患者会員とは、網膜色素変性症およびその類縁疾患の患者およびその家族をいう。

(2) 医療従事者会員とは、網膜色素変性症およびその類縁疾患の研究・治療に従事する医師、リハビリテーションの研究・指導者、補助機器の開発・製作・取扱い者をいう。

(3) 支援会員とは、本部の活動に賛同し、金銭・物資の支援およびボランティア活動を行う個人または団体をいう。

第2章 総会

(定期総会)

第7条 会長は、毎年総会を開催し、次の事項について議決を得なければならない。

(1) 前年度活動報告

(2) 前年度決算報告

(3) 役員選任(隔年)

(4) 次年度活動計画

(5) 次年度予算計画

(議決)

第8条 総会における議決は、出席者の過半数によるものとする。

(臨時総会)

第9条 会長は、次の場合は臨時総会を開催しなければならない。

(1) 役員会が、必要と認めた場合

(2) 会員の3分の2以上から、請求があった場合

(通知)

第10条 総会の開催は、開催日の20日前までに文書または電子メール、ファックス等に

より、会員に通知しなければならない。

第3章 役員

(役員および役員会)

第11条 本会に、次の役員を置くものとする。

(1)会長   1名

(2)副会長  2名以内

(3)事務局長 1名 

(4)会計   1名

(5)幹事   若干名

(6)監査   2名 

2 役員会は前項に掲げる(1)から(5)の役員で構成する。

(役員の選任)

第12条 本会の役員は、定期総会で会員の中から選出する。

(任務)

第13条 役員の任務は、次のとおりとする。

(1)会長は、本会を統括する。

(2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある場合はこれを代行する。

(3)事務局長は、本会の事務を統括する。

(4)会計は、本会の金銭の出納等の会計事務を行う。

(5)幹事は、会長に協力し、業務を円滑に執行する。

(6)監査は、本会の目的に応じた活動、財政の収支が図られるように監察を行う。

(都道府県代表者会議)

第14条 会長は、本部理事長が開催する都道府県代表者会議に出席するものとする。

2 会長が出席できない場合は、他の役員が代理で出席することができる。

(役員の補充)

第15条 年度途中において役員の補充の必要があると認められる事情が生じた場合、役員会

の承認を得て補充することができる。

(任期)

第16条 役員の任期は2年とし、定期総会から2年目の定期総会までとする。ただし、再任は妨げない。

(役員の解任)

第17条 役員が、次の事項に該当すると認められるに至った場合は、総会の議決により解任することができる。

(1) 心身が、職務の執行に耐えられないと認められる場合

(2) 役員として、ふさわしくない行為があると認められる場合

(3)役員が不慮の事由により、役員任務ができなくなった場合

第4章 代議員

(代議員)

第18条 本会に本部が開催する総会へ出席する社員たる代議員を置くものとする。

2 代議員の人数は本部定款に基づく。

(代議員の選任)

第19条 本会の代議員は本会総会で議決した方法により選出する。

2 方法とは本会総会での選出、もしくは役員会での選出を指す。

3 代議員は本会役員が兼務できるものとする。

(任務)

第20条 代議員の任務は、次のとおりとする。

(1) 本部が開催する社員総会(代議員会)へ出席する。

(2) 本部が開催する臨時代議員会へ出席する。

(3) 代議員会の結果を本会会員に伝達し議決事項の浸透を図る。

(代議員の登録)

第21条 選任された代議員の名簿を会長は毎年度末3月31日までに本部へ登録する。

2 年度末前に選任、登録した代議員が変更となる場合は速やかに本部への登録変更を

行う。

3 年度末を過ぎて登録した代議員が不慮の事由により代議員会への出席ができなく

なった場合は、本部定款により、予め通知された事項について書面をもって表決する

ことができ、これをもって代議員会に出席したものとみなす。

(任期)

第22条 代議員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。

第23条 代議員が、次の事項に該当すると認められるに至った場合は、本会総会で議決した

方法により解任することができる。

2 方法とは本会総会での解任、もしくは役員会での解任を指す。

(1) 心身が、職務の執行に耐えられないと認められる場合

(2) 代議員として、ふさわしくない行為があると認められる場合

第5章 会計

(会計年度)

第24条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(会費等)

第25条 本会は、会費を徴収しない。

2 ただし、本会活動において必要と認められる場合は、参加者から参加費を徴収する

ことができる。

3 参加費は、役員会でその都度協議のうえ決定するものとする。

(寄付金)

第26条 

本会に寄せられた寄付金は、充実した本会運営のために活動資金として活用する。

又役員会での承認をもって本部へ寄付することもできる。

(会計)

第27条 

本会の運営費は、原則として本部から交付される予算並びに参加費で補うものとする。

(会計報告)

第28条 会計報告は毎年1回会計監査を経て会員に報告しなければならない。 

第6章 報酬       

(報酬)

第29条 役員は、無報酬とする。

(交通費等の必要経費)

第30条 役員に対して交通費等の必要経費を支給することができるものとする。

2 交通費等の必要経費の算定方法や支給方法については別に定める。

第7章 雑則

(改廃)

第31条 この規則を改正または廃止しようとする場合は、総会の議決および本部理事長の

承認を得なければならない。

(会則外細則)

第32条 この会則にない条項については、その都度役員会で協議し、総会を経て制定する。

附則

1.この規則は、本部理事会の承認を経て、平成27年4月12日から適用する。

2.初年度の会計年度は、この規則の規程にかかわらず、平成27年4月12日から

平成28 年3月31日までとする。

制定:平成27年4月12日 初版

改訂:平成28年4月17日 本部組織改変による名称変更及び一部改訂


~都道府県網膜色素変性症協会 運営規程~

(設置)

第1条 

公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(以下「本協会」という。)は、次の各号に該当する団体を都道府県網膜色素変性症協会(以下「都道府県協会」という。)と認定し、連携して事業を実施する。

  (1) 本協会の正会員で構成し、その正会員が居住する都道府県において組織されること。

(2) 公益団体としての責務を果たす本協会の定款第3条に記載された目的を達成するために、第4条に記載された事業を行う協会であること。

  (3)「網膜色素変性症協会」を名乗ること。

  (4) 別称に「JRPS」を使用すること。

  (5) 次条から第4条に規定する事項を会則に定めること。

(権能)

第2条 

1 都道府県協会は当該地域内において、本協会が目的とする事業の推進・執行を担当する。

2 都道府県協会は、本協会に関する会務の運営を行う。

3 会則の変更、会長の交代等の重要事項の変更については、本協会理事長の承認等を要する。

4 会費の納入に関する業務および会員管理に関する業務は、本協会が一括して行い、都道府県協会の会費は徴収しないものとする。

5 都道府県協会が「網膜色素変性症協会」および「JRPS」の呼称の使用並びにロゴマークを使用する場合には、本協会の許可を受けることとする。

(都道府県等代表者会議)

第3条 

1 本協会は都道府県協会並びに部会との連携を密にし、本協会の会務を円滑に遂行するため、理事長は都道府県等代表者会議を開くことができる。

2 都道府県等代表者会議は、各都道府県協会等の代表者をもって構成する。

3 都道府県等代表者会議は、本協会の課題を検討し、必要に応じて理事会に対し参考意見を提出することができる。

4 本協会の理事及び監事は、都道府県等代表者会議に出席して、意見を述べることができる。

(都道府県協会の事業及び会計報告)

第4条 

都道府県協会は年度毎に本協会に、事業報告および決算報告並びに事業計画および予算計画を提出するものとする。

(都道府県協会会則)

第5条

1 都道府県協会は、都道府県網膜色素変性症協会会則を作成しなければならない。

2 都道府県協会は、前項の会則をもって、その活動運営を図るものとする。

(運営費および事業費等)

第6条

1 本協会から支給される運営費は、会員数100人までは50,000円、100人を超える毎に

10,000円を加えた額とする。

2 本協会から支給されるQOL対策事業費は、都道府県協会から提出された事業計画書に基づき、20,000円を限度に支給する。

3 本協会から支給される広域活動事業費は、広域にわたる非会員への啓発事業または遠隔地における会員を対象とした事業について、都道府県協会から提出された事業計画書に基づき、30,000円を限度に支給する。

4 QOL対策事業費および広域活動事業費についての支給は、実施日、実施場所、参加者見込み数、予算書を添えて、メールまたはFAXで、本協会に申請するものとする。

5 前項の申請について、地域担当理事および理事長が審査承認するものとする。

附則

 この規程は、平成28年4月17日から施行する。

 この会は、見えない・見えにくい人が、色々な情報を共有するための集まりです。

 今回は、新型コロナウイルス感染防止の観点から、Zoomというコミュニケーションツールを使ってオンラインで行うことになりました。

 テーマは、「上村会長の誕生日をお祝いしよう」です。

 なんと当日は、香川県網膜色素変性症協会 上村高明会長の76歳の誕生日です。皆様で会長へのお礼の気持ちを伝えて、お祝いしましょう。

 4月の定期総会や10月の中四国リーダー研修会が相次いで延期や中止になり、なかなか会えない日が続きますが、こんな時だからこそオンラインという新しい形で交流したいと思います。

 普段は会場に足を運べない方や、県外にいる会員の皆様も奮ってご参加ください。

 Zoomの使い方については、下記にマニュアルを作成いたしました。

 また、希望者には、事前に接続テストも開催いたしますので、どんどんご参加ください。

 接続テストで上手く出来なかった方、やり方の分からない方は、後日個別指導も対応しようと思いますので、遠慮なくご連絡ください。

 多くの皆さんのご参加、お待ちしております。

【日時】  令和2年8月22日 土曜日 13時00時から15時00分

【対象】  見えにくさのある方、そのご家族、支援者、医療・福祉関係者等の視覚障害者に関わる方

【テーマ】 上村会長の誕生日をお祝いしよう

【内容】  Zoomを使用したオンライン交流会 

【参加費】  無料

【申し込み】 JRPS香川事務局 三木(090-1170-6047)までお電話ください。

【締め切り】 8月19日(水)17時

【問い合わせ】JRPS香川事務局 高橋(090-5918-8401)までお電話ください。


<Zoomの接続テストについて>【希望者のみ】

 オンラインでの交流会は初めての試みでもありますので、開催前に接続テストを行います。

 接続テストは、下記の3つの時間帯を予定しております。

  1回目:7月26日 日曜日 10時から10時30分

  2回目:7月26日 日曜日 20時から20時30分

  3回目:7月28日 火曜日 20時から20時30分

 接続テストをご希望の方は、上記の3つの時間帯のどこかで、記事の最後に記載しているURLよりご覧になれる、マニュアルに従って、接続テストを行ってください。

 なお、iPhoneやアンドロイドで参加される方は、それ以前にアプリの取得を行っておいてください。(場合によっては、アプリのダウンロードの際に、iCloudやgoogleのパスワードが必要な場合があります)

 テストは上記のどれか1つの参加でも結構ですし、不安な方は、複数回参加いただいても結構です。

 接続テストで上手く出来なかった方、やり方が分からなかった方は、饗庭(090-5140-4210)までご連絡ください。

 個別指導のスケジュールを検討させていただきます。


Zoomの使用マニュアル:https://jrpskagawa.amebaownd.com/posts/8933508


ここまで

 JRPS香川では、新型コロナウイルス感染拡大防止の重要な時期ということで、3月に予定をしていた下記の行事はすべて中止することにしました。

 参加を楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、ご了承いただきたいと思います。

・令和2年3月14日(土)開催予定 目が見えない・見えにくい人のためのICT生活向上セミナー

・同3月22日(日)開催予定 チャレンジド・ヨガ 高松 令和2年3月クラス

・同3月22日(日)開催予定 Let's enjoy!Music Salon!!(in 令和2年 Spring)


 また、新型コロナウィルスを心配しながらも、定期総会の準備をを行っていましたが、役員の判断により、4月5日(日)に開催予定の定期総会は中止、医療講演会は中止もしくは延期することにしました。

 定期総会の議事につきましては、今後役員で協議をして、どのような議決方法を取るのか判断し、皆さんにご連絡させていただきます。

 医療講演会につきましては、新型コロナウイルス感染拡大が終息した時点で 役員で協議をして、延期開催できるかどうか検討して、皆さんにご連絡させていただきます。


ここまで

 カラオケ好きの皆様、お待たせいたしました!

 Music Salon!!の開催が決定いたしました!

 寒い冬も終わり、桜が咲き始めるこの季節。皆さんのメロディーで桜を咲かせましょう!!

 

 歌を歌うのが好きな人も、聞くのが好きな人も大歓迎です。また、楽器を練習されている方も、日頃の練習の成果を披露してみませんか?

 今回も広々としたパーティールームを用意いたしました。

 世代を問わず、歌って踊って演奏して、交流の輪を広げましょう!!

 同日は、10時30分より香川県社会福祉総合センターにて「チャレンジド・ヨガ」も開催されます。体を動かして、歌って、1日楽しみましょう。

1.日時:令和2年3月22日(日) 13時30分~16時00分

2.場所:カラオケ バナナクラブ 瓦町店(琴電 瓦町駅西口より徒歩1分)

(高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビル3階)(電話:087-831-1755)

3.参加費:一人 1000円(部屋代、ドリンクバーを含む)※ドリンクバー以外の注文は実費

4.定員:15名

5.集合場所

 ①琴電 瓦町駅改札前 13時20分集合

 ②午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」にご参加の方は、昼食も合わせてご案内いたします。(昼食代、交通費は実費)

6.申込み:JRPS香川 事務局 三木(電話:090-1170-6047)

7.締切:令和2年3月19日(木)17時

8.お問い合わせ:JRPS香川 カラオケ企画担当 饗庭(電話:090-5140-4210)

9.その他

・午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」に参加される方は、香川県社会福祉総合センターより昼食も合わせてサポーターがご案内いたします。

・申込みの際に集合場所、参加人数、昼食の要・不要をお知らせください。

ここまで

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。

 今回のテーマは、「心地よい眠りを誘うヨガ」です。

 寒さも和らいでまいりました。「春眠暁を覚えず」といいますが、皆さんは質の良い眠りが出来ているでしょうか?

 今回は眠りの質を改善するヨガをご指導いただきます。

 メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN 中国・四国支部代表で、高松市のヨガスタジオ Naturally代表の簗瀬 利恵(やなせ りえ)先生です。

 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」、「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」、「運動不足の解消になっています。」という声をいただいています。

 先生のトークも楽しく、皆さん楽しく体を動かしています。

 テーマ以外の内容でも、効果のある運動を教えていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。

 「運動不足の方」、「体に気になる部分がある方」、「ヨガに興味はあるけど、見えないから出来ないと思われている方」は一度参加してみてください。

 また、同日の午後にはMusic Salon!!も開催されます。両方のご参加も大歓迎ですので、ご検討ください。

                   記

・日時:令和2年3月22日(日) 10時30分~12時

・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室

     (香川県高松市番町1丁目10-35)

     (電話:087-812-5563)

・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)

・対象:視覚障害者および同伴者1名

・定員:12名

・持ち物:飲み物、汗拭きタオル

・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)

・締め切り:令和2年3月19日(木)17時

・問い合わせ:JRPS香川 ヨガ運営担当 饗庭(090-5140-4210)

・次回の予定:令和2年4月26日(日)の予定です。


ここまで

 生活上の困ったや、やってみたいを解決してみませんか?

 ICTセミナーでは、皆様からの相談を受け付けております。

 今月のテーマは「キャッシュレス」です。

 キャッシュレスにはどのような種類があり、どのような特徴があるのか、それとICT

 機器がどのように関係してくるのかについてお話しします。

 また、今年度からiPhoneの基礎講座も始めました。

 iPhoneの基本的な使い方を勉強できます。

 iPhoneを持っていない方、Androidを持っている方も大歓迎です。

 今年度最後のICTセミナーとなります。各種お悩みごとの相談も受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

1.日時:3月14日(土) 9時30分~11時30分

2.場所:サンポートホール 53会議室

 ※ICT機器をお持ちの方は持参ください。

3.主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

4.サポーター:山下陽輔(JRPS香川 ICT担当)

5.申し込み:JRPS香川 事務局 三木(090-1170-6047)

  締切:3月11日(水)

6.問い合わせ:山下陽輔(080-3369-5785)

7.今後の予定:来年度は6月より開講の予定です。

 

ここまで

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。

 今回のテーマは、「肩甲骨や首を動かして、姿勢を改善しよう!」です。

 姿勢が悪くて悩まれている方はいらっしゃいませんか?

 今回は肩甲骨や首を動かすことで姿勢の改善につながる運動をご指導いただきます。

 メインインストラクターは、高松市でtouca yoga studioをされている、矢部 杏栄(やべ りえ)先生です。

 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」、「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」、「運動不足の解消になっています。」という声をいただいています。

 先生のトークも楽しく、皆さん楽しく体を動かしています。

 テーマ以外の内容でも、効果のある運動を教えていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。

 「運動不足の方」、「体に気になる部分がある方」、「ヨガに興味はあるけど、見えないから出来ないと思われている方」は一度参加してみてください。

                   記

・日時:令和2年2月23日(日) 10時30分~12時

・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

・会場:香川県社会福祉総合センター3階 文化教養室

     (香川県高松市番町1丁目10-35)

     (電話:087-812-5563)

・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)

・対象:視覚障害者および同伴者1名

・定員:12名

・持ち物:飲み物、汗拭きタオル

・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)

・締め切り:令和2年2月20日(木)17時

・問い合わせ:JRPS香川 ヨガ運営担当 饗庭(090-5140-4210)

・次回の予定:令和2年3月22日(日)の予定です。

ここまで

 生活上の困ったや、やってみたいを解決してみませんか?

 ICTセミナーでは、皆様からの相談を受け付けております。

 今回のテーマは「Seeing AIを使ってみよう」です。

 文字や文章の読み上げ、風景の説明、色の判別など、カメラを使って私達の生活をより良くしてくれるiPhoneアプリがこの「Seeing AI」です。

 今回はこのアプリの概要と使い方について説明、練習をしていきます。

 また、今年度からiPhoneの基礎講座も始めました。

 iPhoneの基本的な使い方を勉強できます。

 iPhoneを持っていない方、Androidを持っている方も大歓迎です。

 各種お悩みごとの相談も受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

                記

1.日時:2月15日(土) 9時30分~11時30分

2.場所:サンポートホール 52会議室

 ※ICT機器をお持ちの方は持参ください。

3.主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

4.サポーター:山下陽輔(JRPS香川 ICT担当)

5.申し込み:JRPS香川 事務局 三木(090-1170-6047)

   締切:2月12日(水)

6.問い合わせ:山下陽輔(080-3369-5785)

7.今後の予定:

 ・日時:3月14日(土) 9時30分~11時30分

 ・会場:サンポートホール 53会議室

☆午後は、新年会があります。


ここまで

 いつも参加ご協力ありがとうございます。

 さて、恒例の新年会を計画しましたので、万障お繰り合わせの上、ご家族・介助の方も揃って,ご出席くださるようご案内いたします。

 香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)  役員一同

1.日時:令和2年2月15日(土曜日) 12時15分~15時

2.場所:休暇村讃岐五色台

     坂出市大屋富町3042  ℡:0877-47-0231

3.会費:食事お一人 2,500 円( 豪華商品?付)

     飲みもの・・別途

4.送迎バス 高松駅一般バス乗り場13番 11時45分発→→休暇村讃岐五色台 12時15分着

      休暇村讃岐五色台・・15時発→→高松駅バス13番着 15時30分予定

※ 当日、9時30分より、サンポート高松で、JRPS主催の「ICTセミナー」の行事があります。

5.集合場所:①高松駅11時40分までに集合ください。

       ②ICTセミナーに参加の方は、高松駅一般バス乗り場13番まで誘導します。

※ 2月10日までにご参加人数とバス乗車の有無を教えてください。

  キャンセルの場合、2月14日までに連絡をください。

◎ お問い合わせ&連絡先;三木 ℡ 090-1170-6047           


・お知らせ・・・総会は、4月5日に行います。


ここまで

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。

 今回のテーマは、「2020年、身体を各自で考えてみよう!」です。

 オリンピックも開催される2020年の始まりに、各自で自分の体について考えてみましょう。

 肩回り、股関節回り、前屈、ねじりなど色々な動きをやってみて、自分の動きにくい場所を知り、インストラクターのアドバイスを基に、2020年の目標を立てましょう。

 先生より、個別にアドバイスをいただける貴重な機会になると思います。

 メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN 中国・四国支部代表で、高松市のヨガスタジオ Naturally代表の簗瀬 利恵(やなせ りえ)先生です。

 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」、「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」、「運動不足の解消になっています。」という声をいただいています。

 先生のトークも楽しく、皆さん楽しく体を動かしています。

 テーマ以外の内容でも、効果のある運動を教えていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。

 「運動不足の方」、「体に気になる部分がある方」、「ヨガに興味はあるけど、見えないから出来ないと思われている方」は一度参加してみてください。

                   記

・日時:令和2年1月26日(日) 10時30分~12時

・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室

     (香川県高松市番町1丁目10-35)

     (電話:087-812-5563)

・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)

・対象:視覚障害者および同伴者1名

・定員:12名

・持ち物:飲み物、汗拭きタオル

・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)

・締め切り:令和2年1月23日(木)17時

・問い合わせ:JRPS香川 ヨガ運営担当 饗庭(090-5140-4210)

・次回の予定:令和2年2月23日(日)の予定です。


ここまで

 この会は、見えない・見えにくい人が、色々な情報を共有するための集まりです。皆さん、目が不自由になって困ったことやいろんな悩みや思いを話してみませんか。視覚障害者の方だけでなく、ご家族や支援者の方々もお気軽にご参加ください。

 今回は「視覚障害者が受けられる外出時の福祉サービス」というテーマで、参加者の皆さんからの話題を元に、茶話会形式で自由にお話いただきます。

視覚障害者が外出する時のサービスは、同行援護や誘導ボランティア、介護タクシーなど、様々な方法があります。皆さんは、どのような方法で外出をしていますか?

同じような境遇の方と交流することで、新しい気づきがあるかもしれません。1人で悩まず、よりよく生活するためのヒントをみんなで見つけていきましょう。

午後には、ICTセミナーも開催します。まあいっぺん、おいでまい。

【日時】  令和2年1月19日 日曜日 10時から12時 なんがでっきょんな?みんなで集まらん会?

                  13時から15時 ICTセミナー

【テーマ】 視覚障害者が受けられる外出時の福祉サービス

【対象】 見えにくさのある方、そのご家族、支援者、医療・福祉関係者等の視覚障害者に関わる方

【場所】 香川県社会福祉総合センター 6階 第2研修室(香川県高松市番町1丁目10番35号)

【主催】 香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

【参加費】  無料

【申し込み】 JRPS香川事務局 三木(090-1170-6047)までお電話ください。

【締め切り】 1月12日(日)17時

【問い合わせ】 JRPS香川 高橋(090-5918-8401)までお電話ください。


ここまで

 カラオケ好きの皆様、お待たせいたしました!

 Music Salon!!の開催が決定いたしました!

 今年最後の行事となります。クリスマスを先取り!忘年会を兼ねて、みんなでワイワイ盛り上がりましょう!

 歌を歌うのが好きな人も、聞くのが好きな人も大歓迎です。また、楽器を練習されている方も、日頃の練習の成果を披露してみませんか?

 今回も広々としたパーティールームを用意いたしました。

 世代を問わず、歌って踊って演奏して、交流の輪を広げましょう!!

 同日は、10時30分より香川県社会福祉総合センターにて「チャレンジド・ヨガ」も開催されます。体を動かして、歌って、1日楽しみましょう。

                          記

1.日時:令和元年 12月22日(日) 13時30分~16時00分

2.場所:カラオケ バナナクラブ 瓦町店(琴電 瓦町駅西口より徒歩1分)

(高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビル3階)(電話:087-831-1755)

3.参加費:一人 1000円(部屋代、ドリンクバーを含む)※ドリンクバー以外の注文は実費

4.定員:15名

5.集合場所

 ①琴電 瓦町駅改札前 13時20分集合

 ②午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」にご参加の方は、昼食も合わせてご案内いたします。(昼食代、交通費は実費)

6.申込み:JRPS香川 事務局 三木(電話:090-1170-6047)

7.締切:令和元年12月18日(水)17時

8.お問い合わせ:JRPS香川 カラオケ企画担当 饗庭(電話:090-5140-4210)

9.その他

・午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」に参加される方は、香川県社会福祉総合センターより昼食も合わせてサポーターがご案内いたします。

・申込みの際に集合場所、参加人数、昼食の要・不要をお知らせください。


ここまで

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。

 今回のテーマは、「1年の疲れを取って、気持ち良く新年を迎えよう!」です。

 1年間頑張ってくれた体の疲れを取って、気持ち良く新年を迎えましょう。

 何かと忙しくなる年末年始に向けて、疲れを取るための運動をご指導いただきます。

 メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN 中国・四国支部代表で、高松市のヨガスタジオ Naturally代表の簗瀬 利恵(やなせ りえ)先生です。

 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」、「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」、「運動不足の解消になっています。」という声をいただいています。

 先生のトークも楽しく、皆さん楽しく体を動かしています。

 テーマ以外の内容でも、効果のある運動を教えていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。

 「運動不足の方」、「体に気になる部分がある方」、「ヨガに興味はあるけど、見えないから出来ないと思われている方」は一度参加してみてください。

                   記

・日時:令和元年12月22日(日) 10時30分~12時

・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)

・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室

     (香川県高松市番町1丁目10-35)

     (電話:087-812-5563)

・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)

・対象:視覚障害者および同伴者1名

・定員:12名

・持ち物:飲み物、汗拭きタオル

・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)

・締め切り:12月19日(木)17時

・問い合わせ:JRPS香川 ヨガ運営担当 饗庭(090-5140-4210)

・次回の予定:令和2年1月26日(日)の予定です。


ここまで