ブログ管理人・みっち


 

記事一覧(86)

チャレンジド・ヨガ 高松 令和元年7月クラスのご案内

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。 今回のテーマは、「寝つきを良くして、夏バテ予防」です。 暑い季節になり、寝つきが悪くなっていませんか?睡眠は人の生活の中で重要な時間です。寝つきを良くして、疲れを取れやすくして、夏バテを予防しましょう。覚えて帰れば家でも簡単に出来る運動を教えていただけます。 メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN中四国リーダーの簗瀬利恵先生です。 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」という声をいただきました。 テーマに関わらず、気になる部分を言っていただければ、相談に乗っていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。                   記・日時:7月21日(日) 10時30分~12時・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室     (香川県高松市番町1丁目10-35)     (電話:087-812-5563)・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)・対象:視覚障害者および同伴者1名・定員:12名・持ち物:飲み物、汗拭きタオル・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)・締め切り:7月18日(木)17時・問い合わせ:JRPS香川 高橋(090-5918-8401)・次回の予定:8月18日(日)に開催いたします。ここまで

第3回 なんがでっきょんな?みんなで集ままらん会?~世代を超えた交流の場~のご案内

 この会は、見えない・見えにくい人が、色々な情報を共有するための集まりです。 今回のゲストは、樋口玲皇(ひぐちれお)さんです。 樋口さんは一昨年、レーベル遺伝性視神経症を発症し、岡山県にある国立吉備高原障害者リハビリテーションセンター(以下、職リハ)で職業訓練を受けた後、現在は民間企業の事務職として働いています。職リハでの訓練内容だけでなく、様々な障害者と関わる中での気付きをお話いただきます。 日頃の悩みを解決するヒントが頂けるかもしれません。 年齢や性別、見え方の程度は関係ありません。特に、若年層の方でどこに相談すればいいか分からない方はいませんか? 同じような境遇の方と交流することで、新しい気づきがあるかもしれません。1人で悩まず、よりよく生活するためのヒントをみんなで見つけていきましょう。 まあいっぺん、おいでまい。記【日時】  令和元年7月7日日曜日 9時30分から11時30分【対象】  見えにくさのある方、そのご家族、支援者、医療・福祉などで視覚障害者と    かかわりがある方【ゲスト】 樋口玲皇さん【テーマ】 職リハで学んだビジネススキルと障害者が社会で働くために大切なこと【場所】  サンポート高松 5階 52会議室【参加費】  無料【申し込み】 JRPS香川事務局 三木(090-1170-6047)までお電話ください。【締め切り】 7月3日(水)17時【問い合わせ】JRPS香川事務局 高橋(090-5918-8401)までお電話ください。 尚、同日の午後、サンポート高松 5階 51会議室で、見えない・見えにくい人のためのICTセミナーが開催されます。ここまで

チャレンジド・ヨガ 高松 令和元年6月クラスのご案内

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。 今回のテーマは、「消化を良くして、夏バテ予防」です。 暑い季節になり、食欲が落ちてしまっていませんか?消化を良くして、食欲を増進させて、暑い夏を乗り切りましょう。覚えて帰れば、家でも出来る運動を教えていただけます。 メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN中四国リーダーの簗瀬利恵先生です。 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」「簡単にできる運動なので、家でもやっています。」という声をいただきました。 テーマに関わらず、気になる部分を言っていただければ、相談に乗っていただけたり、今後のテーマで扱っていただけます。                   記・日時:6月30日(日) 10時30分~12時・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室     (香川県高松市番町1丁目10-35)     (電話:087-812-5563)・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)・対象:視覚障害者および同伴者1名・定員:12名・持ち物:飲み物、汗拭きタオル・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)・締め切り:6月27日(木)17時・問い合わせ:JRPS香川 高橋(090-5918-8401)・次回の予定:7月21日(日)に「寝つきを良くして、夏バテ予防」というテーマで開催いたします。ここまで

チャレンジド・ヨガ 高松 令和元年5月クラスのご報告

 令和元年5月26日(日)に香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室におきまして、チャレンジド・ヨガ 高松 令和元年5月クラスを開催いたしました。参加者は6名でした。 令和最初となった今回のテーマは、「夏を前に、腹筋を鍛えよう」でした。ゴールデンウィークなども挟みましたし、季節外れの暑さも続いているので、ちょうど良いテーマだったと思います。 「腹筋を鍛える」とは言っても、よく知っている、仰向けに寝て、膝を曲げて、足を固定したまま上半身を起こしたり倒したり。という腹筋ではありませんでした。 1つ目の運動は、四つん這いの状態から肘を床に付けます。この時、手はグーにして、小指側を床に付けます。そして、右足を伸ばし、つま先が付いたところで、つま立ちの様な状態のまま膝を床に付けます。左足も同様にします。その状態で顔が手の真上になるぐらい前へ出します。目線は斜め下です。そうすると、お腹に力が入ると思います。この状態で深呼吸をします。 注意点としては、腰が反っていたり、お腹が下がっていると、背中を痛めてしまいますし、お尻が上がっていると、腕だけしか使っていないそうです。理想としては、背中が床と斜め一直線になることです。 2つ目の運動は、仰向けに膝を立てて寝ます。足の幅は腰幅ぐらいです。手は床に下ろして、お尻を持ち上げます。お腹に力を入れて、肛門を閉めて、足の親指を床にしっかり付けます。横から見ると、子供の滑り台の様な形になります。軽く顎を引いて、肩を下げて、首を長くして、手は、斜め遠くに引っ張ります。そして深呼吸をします。 次に、片足を斜め45度ぐらいまで持ち上げて、膝を伸ばします。手はお腹に持っていき、肘は床に下ろします。足首は曲げます。この状態でかかとを床ギリギリまで下ろしてキープします。ここで深呼吸をします。これを両足、最後に両足で行います。 昔ながらの腹筋では、腰に負担がかかってしまい、痛めてしまうことがありますが、この方法であれば体を痛めてしまう心配が少ないそうです。無理しない程度にやってみてください。 次回のチャレンジド・ヨガは6月30日に「消化を良くして、夏バテ予防」というテーマで行います。6月から3か月は「夏バテ予防」のテーマにする予定です。家でも簡単に出来る運動を教えていただけるので、毎日続けて、夏を乗り切りましょう。 

JRPS香川 患者家族交流会2019~ランチ交流会&高松交響楽団 定期演奏会鑑賞~のご案内

 毎年5月にお出かけしておりました、患者家族交流会ですが、今年は高松市を中心に活動をしている、高松交響楽団の定期演奏会の鑑賞を計画いたしました。 高松交響楽団は1951年に創設され、半世紀以上にわたり活動をされています。これまで120回の定期演奏会をはじめ、県内外での特別演奏会や音楽教室、バレエやオペラなどの他団体・音楽家との共演など、地域に深く根ざした幅広い活動を行っています。現在、オーケストラの団員数は約150名です。 定期演奏会は毎年6月と11月に開催されていて、今回で121回目を数えます。今回の演奏会のタイトルは、「機知と色彩 魅惑のフランス音楽」ということで、バレエ音楽など4曲を演奏さ れます。 同日午前には「ICTセミナー」がサンポートホール高松で開催されます。昼食時には、ランチ交流会も予定しております。朝は頭を使って、午後は音楽で癒されましょう。 音楽が繋ぐ、交流の輪!!みなさんのご参加をお待ちしております。                      記1.日時    令和元年6月16日(日) ランチ交流会:12時~13時                    演奏会:14時~16時15分頃(開場:13時30分)2.開催場所  ランチ交流会:サンポートホール高松3階 香港亭           演奏会:香川県県民ホール(レクザムホール) 大ホール(高松市玉藻町9-10) 3.演奏会曲目 ・歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽(C.グノー)        ・歌劇「カルメン」セレクション(G.ビゼー)        ・左手のためのピアノ協奏曲(M.ラヴェル)        ・バレエ「ダフニスとクロエ」第2組曲(M.ラヴェル)4.集合場所   ①JR 高松駅 改札前         ②午前のICTセミナーに参加される方は、サポーターが同行します。5.参加費   一人 3000円(食事代含む)6.申込    参加人数と集合場所を事務局 三木(090-1170-6047)までお知らせください。7.申込締切    チケットを事前に予約をするため、令和元年5月16日(木)17時まで。その後も6月7日(金)まで受け付けますが、チケット完売の場合があります。8.問い合わせ   饗庭(090-5140-4210)まで。ここまで

ICTセミナー開講のご案内

 目が見えなくなるとできないことが増えてきて、閉じこもりがちになりませんか? でも大丈夫です。昔のようにスムーズにはいかないかもしれませんが、今はあなたの「できない」「やってみたい」を現実にする、ICT機器があります。 この会では毎回、参加された方からのお悩みや困りごと、相談内容をテーマとして取り上げ、経験豊かな当事者や専門家から、スマホやタブレット、パソコンの基本操作や、便利な使い方の紹介など、解決策を模索、提案していきます。 個別に対応しますので、初心者も、操作に自信がない方も大歓迎です。奮ってご参加ください。 iPhoneやiPadをお持ちでない方も、おいでください。                     記1・日時:令和元年6月16日(日) 9:30-11:302・場所:サンポートホール53会議室※ICT機器をお持ちの方は持参ください。3.主催 香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)4.サポーター 山下陽輔(JRPS香川 ICT担当)5.申し込み  JRPS香川 三木(090-1170-6047)6月14日までに、参加人数を教えてください。参加したいのだけれど、6月16日は、都合が悪く参加できないという方も連絡ください。今後のこともあるので、よろしくお願いします。6.問い合わせ (担当:山下) 電話 :080-3369-57857.今後の予定  7月7日(日)  サンポートホール高松☆ 同日、午後より、ランチ交流会&高松交響楽団 定期演奏会鑑賞があります。

2019年度定期総会、医療講演会・体験会のご報告

 平成31年4月14日(日)に香川県社会福祉総合センター7階 第1中会議室において、午前に2019年度定期総会、午後に医療講演会と体験会が開催されました。 午前の定期総会には、年度初めの何かとお忙しい中、5名の来賓の方々にご出席いただきました。 会長挨拶に続きまして、来賓の方々から祝辞をいただきました。その後は、来賓の方が退出され、総会議事に入りました。議事では、昨年度の活動報告、収支決算報告、会計監査報告。今年度の役員、事業計画、予算案について、会則 第8条にのっとり、参加者の過半数の同意によって議決されました。事業計画の議事の中では、皆さんからご意見も出て、活発な議論が出来たと思います。いただいたご意見を今後の活動に活かしていきたいと思います。 議事の後は、連絡事項の発表、眼球運動の歌、合唱が行われました。 午後の医療講演会では、神戸アイセンター病院の前田亜希子先生をお招きして、「網膜色素変性に対するリードスルー薬の開発 ~世界が進む治療への道~」との演題でご講演いただきました。前田先生は昨年の世界網膜の日において、JRPS研究助成賞を受けられました。今年は10講演ほど予定されているそうですが、香川での公演が最初だったそうです。 ここでは、障りの内容だけにいたします。「リードスルー薬」は、遺伝子の変化によって、目に必要なタンパク質を合成する遺伝子の途中でストップコドンというたんぱく質の合成を終了してしまう箇所に作用し、この箇所に仮のタンパク質を組み込むことにより、タンパク質が合成できるようにするそうです。 ご講演が終わった後も、先生の時間の許す限り、個別の質問をお受けいただきました。 医療講演会の後には、チャレンジド・ヨガの体験会と最新機器の体験会を開催いたしました。 ヨガの体験会では、チャレンジド・ヨガ 高松 定期クラスでご指導いただいている、ハンディキャップヨガ 中国四国支部 代表の簗瀬利恵先生をお招きし、「座ったまま出来るヨガ」という事で、呼吸に重点をおいた内容でした。簗瀬先生の分かりやすい説明と、サポータの先生(簗瀬先生の娘さん)も手取り指導いただいて、「私にもヨガが出来そう」と思っていただけていれば良いと思います。体験会で興味を持たれた方は、次回5月26日(日)に定期クラスを開催いたしますので、ご参加ください。 最新機器の体験会では、「オーカムマイアイ」と「みずいろクリップ」の体験をしていただきました。「オーカムマイアイ」はイスラエルで開発された機器で、メガネのフレームに100円ライターほどの大きさの機器を付けます。それによって、文字を読ませたり、人を登録すると、「〇〇さんがいます」といった感じで案内してくれます。 「みずいろクリップ」は高松市のベンチャー企業「Raise the Flag」さんが開発した商品です。太めのボールペンぐらいの大きさでクリップになっています。クリップで止める側の先端にセンサーがついていて、コップにクリップを取り付けると、飲み物がセンサー高さまで注がれると、音で知らせてくれます。さらに、そこからタイマーが開始して、経過時間を知らせてくれます。カップ麺を作る際に便利だと思います。また、水位センサーの反対側には、色を判別するセンサーがあり、物に接着させると16色で色を教えてくれます。接着させて、LEDライトを当てた時の色の跳ね返りで判別するので、周りの明るさに影響されず判別することが出来ます。 最後になりましたが、総会にご出席いただきました来賓の方々、お忙しい中のご出席ありがとうございました。 前田先生には遠路ご講演、また、ご講演の後にも個別にご相談に乗っていただき、ありがとうございました。これからの先生の研究に皆さん期待しております。今後もご活躍を願っております。 「オーカムマイアイ」の(株)システムギアビジョン様、「みずいろクリップ」の(株)Raise the Flag様には、体験会にお越しいただきましてありがとうございました。参加いただいた方も興味を持たれていたと思います。治療法の開発も少しずつ進んでおりますが、今すぐという状況ではありません。今後もより良い商品を開発いただきたいと思います。

Let's enjoy!Music Salon!!(令和元年 in summer)のご案内

 カラオケ好きの皆様、お待たせいたしました!! 新元号「令和」になって初めてのMusic Salon!の開催が決定いたしました!! 時期は少し早いですが、夏を先取りしましょう!! 歌を歌うのが好きな人も、聞くのが好きな人も大歓迎です。また、楽器を練習されている方も、日頃の練習の成果を披露してみませんか? 今回も広々としたパーティールームを用意いたしました。 世代を問わず、歌って踊って演奏して、交流の輪を広げましょう!! 同日は、10時30分より「チャレンジド・ヨガ」も開催されます。ヨガとカラオケで日頃のストレスを発散しましょう!!                          記1.日時:令和元年 5月26日(日) 14時~16時30分2.場所:カラオケ バナナクラブ 瓦町店(琴電 瓦町駅西口より徒歩1分)(高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビル3階)(電話:087-831-1755)3.参加費:一人 1000円(部屋代、ドリンクバーを含む)※ドリンクバー以外の注文は実費4.定員:15名5.集合場所 ①琴電 瓦町駅改札前 13時50分集合 ②午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」にご参加の方は、昼食も合わせてご案内いたします。(昼食代、交通費は実費)6.申込み:JRPS香川 事務局 三木(電話:090-1170-6047)7.締切:令和元年5月22日(水)17時8.お問い合わせ:JRPS香川 饗庭(電話:090-5140-4210)9.その他・午前に開催される「チャレンジド・ヨガ」に参加される方は、香川県社会福祉総合センターより昼食も合わせてサポーターがご案内いたします。・申込みの際に集合場所、参加人数、昼食の要・不要をお知らせください。ここまで

チャレンジド・ヨガ 高松 令和元年5月クラスのご案内

 チャレンジド・ヨガとは、分かりやすい説明とゆっくりした動きで、どなたでも楽しく取り組めるヨガです。 今回のテーマは、「夏を前に、腹筋を鍛えよう」です。 普段の疲れを癒して、心身ともにリフレッシュしませんか? メインインストラクターは、ハンディキャップ・ヨガJAPAN中四国リーダーの簗瀬利恵先生です。 これまでの参加者からは、「身体の気になる部分の動きがすっきりした。」「覚えて帰れば家でもできるので、運動不足が解消する。」という声もありました。 夏に向けて、ヨガでさらに引き締まった身体を手に入れましょう。・日時:5月26日(日) 10時30分~12時・主催:香川県網膜色素変性症協会(JRPS香川)・会場:香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室     (香川県高松市番町1丁目10-35)     (電話:087-812-5563)・参加費:1000円(同伴者と2人なら1500円)・対象:視覚障害者および同伴者1名・定員:12名・持ち物:飲み物、汗拭きタオル・申し込み:電話で右記までご連絡ください。JRPS香川 三木(090-1170-6047)・締め切り:5月23日(木)17時・問い合わせ:JRPS香川 高橋(090-5918-8401)・次回の予定:6月30日(日)の予定です。詳細が決まり次第、ご案内いたします。ここまで

チャレンジド・ヨガ 高松 平成31年4月クラスのご報告

 平成31年4月7日(日)に香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室において、チャレンジド・ヨガ 高松 平成31年4月クラスを開催いたしました。参加者は6名でした。 前週に平成30年度最後の行事として開催されましたが、平成31年度の最初の行事もヨガとなりました。合わせて、昨年4月30日に特別クラスで始まりましたチャレンジド・ヨガは今月で1周年を迎えました。これも簗瀬先生やサポーターの先生、そして参加いただいた皆さんのご協力のおかげです。ありがとうございます。今後も10年を目指したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 今回のテーマは、「呼吸を深め、集中力&イメージを高めるヨガ」でした。いつも当たり前にしている呼吸ですが、実は肺の3分の1程度しか使えていないそうです。朝に意識して深い呼吸をすることで、その日の呼吸がいつもより深くなり、代謝が良くなったりもするそうです。使われない筋肉はどんどん弱くなってしてしまうので、日頃から使うことが大事です。 最初に「4カウントで空気を吸い、4カウントで吐く」、次に「4カウントで吸って、6カウントで吐く」、その次に「6カウントで吸って、6カウントで吐く」とやりましたが、私は吐くのは6カウントでも8カウントぐらいでも出来そうと感じましたが、吸うのは3カウントぐらいで十分といった感じでした。6カウント吸い続けるのは大変だと感じました。これらをやっている中で、私は吐くときに肺の中の空気を出し切っていないことに気づきました。完全に吐き切る事を意識すると、吸う時間も長くすることが出来ました。(個人の感想です) 皆さんも手を挙げて、バンザイのまま、深呼吸をしてみてください。吸うのはやりやすいと思いますが、吐くのはやりづらいと思います。また、正座などの座った状態で両手を前に付いて、猫背の様に丸くなった状態で深呼吸をすると、吸うのがやりづらく、吐くのは楽だと思います。その状態でも、背中に空気を入れるイメージで呼吸をすると、吸うのも楽になると思います。ラジオ体操などで、手を挙げながら息を吸い、下げながら吐くというのは、こういう理由で理にかなっていますね。 最後に、胸式呼吸である「胸式ラテラル呼吸」を教えていただきました。あまりお腹を膨らませずにする呼吸です。この呼吸法では、息を吸うときに肋骨が開き、吐くときに肋骨が閉じるようにします。自分の手で肋骨を触りながらやると意識しやすくなります。是非試してください。 次回のチャレンジド・ヨガ 定期クラスは5月26日(日)に開催いたします。テーマは「夏を前に、腹筋を鍛えよう」です。皆さんのご参加をお待ちしております。

チャレンジド・ヨガ 高松 3月クラスのご報告

 平成31年3月31日(日)に香川県社会福祉総合センター6階 和室研修室におきまして、チャレンジド・ヨガ 高松 3月クラスを開催いたしました。参加者は7名でした。 平成30年度の最後の行事となった今回は、昨年4月の特別クラスでメインインストラクターを務めていただいた、チャレンジド・ヨガ 神奈川チームリーダーの佐藤ゆみ先生もお越しいただきました。 今回のテーマは「背中をピーンと、若々しくあぐらをかこう」ということで、主にお尻の筋肉をほぐしたり、股関節を柔らかくする動作を行いました。当日は気温も低く、強風も吹いていて寒い日でしたが、始めて10分ほどで体が温まってきました。 お尻の筋肉をほぐす運動では、膝を軽く曲げて、手を後ろで付いた状態で、テニスボールを坐骨と肛門の間に入れて、前後に動かします。また、仰向けに寝た状態で、坐骨の下にテニスボールを入れて、ボールを左右に動かすようにします。これをすると、片方だけが痛かったりしますが、これはそちら側のお尻により多く負担がかかっているという事で、それを知ることも大事です。 次回のチャレンジド・ヨガは4月7日(日)です。テーマは「呼吸を深め、集中力&イメージを高めるヨガ 」です。最近、集中力が欠けてるな。と思われている方にも参加いただきたい内容となっています。皆さんのご参加をお待ちしております。