レッスン0:アイフォン8と10ってどっちを選べばいいの?

 皆さん、アイフォン講座へようこそ。このアイフォン講座では、アイフォンの使い方をなるべく分かりやすく紹介していきたいと思います。単元ごとに記事を書いていきたいと思いますので、必要な記事をご覧になってください。

 併せて、当会では情報収集や行事連絡等のツールとして、ICT機器の普及を目指しています。定期的にICT教室を開催しておりますので、機会がありましたら、ご参加ください。(下記URLより行事の予定をご確認ください。)

 レッスンを始める前に、アイフォンのご購入をお考えの方で、アイフォン8(エイト)とか、アイフォン10(テン)とか種類があるけど、どれを選んだらいいの?と思われている方もいらっしゃると思います。今回はレッスン0として、購入時の参考になる記事を書かせていただきます。


 現在のアイフォンは主に「アイフォン8(エイト)」シリーズと、「アイフォン10(テン)」シリーズの2種類が販売されています。これらの大きな違いは、画面のある表面に、おへその様なボタンがあるかないかです。アイフォン8にはこのボタンがあり、アイフォン10にはありません。

 視覚障がい者の方がアイフォンを扱う際にはこのボタンがあるアイフォン8の方が使いやすいと思います。このボタンは、ホーム画面というガラケーで言う待ち受け画面に戻ることのできるボタンになりますので、そのボタンが指で触るだけで分かるというのは大事だと思います。

 アイフォン8シリーズの中でも本体の大きさの異なる2種類があります。これらについては各自の好みになると思います。まだ比較的視力の残っている方は、画面が大きい方がカメラを拡大鏡代わりにしようしたり出来るので、大きい方を購入される方が良い場合もありますし、大きいとかさ張ってしまうので、小さい方が良いといった方もいらっしゃると思います。


 ここでは、ザックリとした選び方についてご紹介いたしました。参考にしていただけると幸いです。それでは次回から実際のレッスンに入っていきたいと思います。

 今回はここまでです。ご覧いただき、ありがとうございました。

香川県網膜色素変性症協会

香川県網膜色素変性症協会(略称JRPS香川)の公式ホームページです。 中途失明の原因となることが多い網膜色素変性症およびその類似疾患の、啓発活動と自立を促進する活動を行っています。正会員は、この目的に賛同して入会した網膜色素変性症等の患者及びその家族(個人に限る)、医療従事者及び支援者 です。 当会の本部は公益社団法人 日本網膜色素変性症協会です。

0コメント

  • 1000 / 1000